理想の相手はどこにいる?そんなあなたの強い味方が結婚相談所!

結婚をめぐる状況は深刻

婚活がブームといわれて久しいのですが、結婚したいという気持ちは結婚適齢期の男性や女性にとってはその気持ちは不変であるといえるでしょう。もちろん婚活という言葉が使われ始めたのはこの数年であると言われています。
確かに婚活や就活などという言葉は10年前では使われていませんでした。問題点としてはそのような婚活という言葉が使われ始めた経緯といえるでしょう。新しい言葉が生まれるくらい現在の結婚をめぐる状況はとても深刻であるといえるでしょう。
それにはいろいろな要因が複雑にからまりあっているということがいえるのです。一つ一つは以降いろいろな面から考察していきます。


結婚相談所の歴史

まずは婚活をするうえで重要な位置を占めていて、今回の題材でもある結婚相談所の始まりについて述べておきましょう。結婚相談所の始まりは昭和40年代であるといわれています。これを歴史としては新しいとみるかそれとも古いと見るか見方は人それぞれであるといえます。
しかしもっと違う視点からみるとこのころから結婚相談所が必要と思われるくらい結婚がしにくい時代に入ったといえるのかもしれません。それは従来であれば周りが固めていた結婚に対する意識が個人を尊重する時代に入った証といえるのかもしれません。
昭和40年代というと高度経済成長の時代ですから個人個人が上を目指していた時代です。結婚も側面から支援しようという動きがあっても何ら不思議ではないと言える時代でもあったのですね。

結婚祝いのプレゼントも時代の流れで変わってきているようですね。
本当に親しい友だちからのカジュアルなプレゼントとして新居に カニの通販が届いたということも。
時代の流れを感じます。